連絡先はこちら

〒125-0041
東京都葛飾区東金町1-22-7
TEL:0120-084-668/03-3608-1155

秋山歯科クリニック アクセスマップ
5
QRコード
QRコード

QRコード対応携帯をお持ちの方は右のコードを読み取ってアクセス!

5

葛飾区ドクターズ

ドクターズファイル

医院ブログ

熱中症 脱水を防ぐ飲み物は・・・

2013.06.18

だんだん、日差しが強くなり、暑くなってきましたね。

暑さは体の水分を奪うだけでなく、口腔内の乾燥ももたらします。

すなわち、口腔内細菌を増殖させ、ムシ歯や、歯周病の原因を作ります。

今回は、脱水が疑われたときに水や、お茶、スポーツドリンクよりも有効な飲み物についてお伝えします。

この飲み物は、「経口補水液」と呼ばれ、市販でもOS-1という商品名で売られています。

ちなみにスポーツドリンクよりも有効であります。(500mlで200円ぐらい)

脱水の時に体が水分を吸収しやすいように作られていて、「飲む点滴」とも言われています。

この経口補水液、自宅で簡単に作ることができます。

ただし、砂糖が入っているため、口腔内乾燥防止には良いが、歯にはやや良くありません。

過度の飲みすぎは控え、飲んだ後は水などでうがいをするとよいでしょう。


<材料>

(1)水 1リットル

(2)塩  3g (小さじ2分の1)

(3)砂糖 40g(大さじ4と2分の1)

(1)〜(3)をよく混ぜ合わせます。

レモンなどを搾って加えると飲みやすくなりますが、入れすぎると、果物の糖分で吸収が悪くなるので、半分程度が目安です。

神奈川県立保健福祉大学の谷口英喜教授は、脱水が疑われる人は、1回に500ccぐらい(コップ2杯)を、ゆっくり飲むといいと話しています。

また、高熱が出たり、意識障害が出ている方や、この経口補水液を飲んで2日たってもよくならない方は、すぐに病院に行ってほしいということです。


がんばって熱中症、脱水症を乗り切りましょう♪

↑PageTopへ