連絡先はこちら

〒125-0041
東京都葛飾区東金町1-22-7
TEL:03-3608-1155

秋山歯科クリニック アクセスマップ
5
QRコード
QRコード

QRコード対応携帯をお持ちの方は右のコードを読み取ってアクセス!

5

葛飾区ドクターズ

ドクターズファイル

予防歯科

歯医者=医療機関+αを目指しています

歯医者さんに通うのは嫌だ。と、よくお子さんが言いますね。それは、「痛い」とか「怖い」というイメージがあるからではないでしょうか?
きっとそれは、多くの方が、歯医者さんに通うのは、歯が痛くなってから、歯の病気にかかってからだからではないでしょうか。

秋山歯科では、痛くなくても、病気になっていなくても通う「予防歯科」を推進しています。

予防歯科は、何の為に。

厚生労働省が「8020運動」(80歳になったときに自分の歯を20本残す)を提唱していますが、歯科疾患実態調査(厚生労働省)では、残存歯は80歳で約8本しかありません。
一方で、アメリカでは15本。歯科先進国のスウェーデンでは20本です。欧米諸国は、日本よりも定期健診(予防のために歯医者に通う)に通うのです。

秋山歯科では、

・80歳になったときに自分の歯を20本残す事
・歯磨きが苦手なお子さんを、虫歯ゼロにする事

を目標にしています。

PMTC

歯磨きでは、歯周ポケットの中の細菌まで取り除くことは困難です。

PMTC

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士など、専門家による歯面清掃のことをいいます。
歯磨きでは除去できないバイオフィルム<歯面に付着した細菌や、その生産物(カス)からなるもの>を破壊することができる手段です。

バイオフィルムの上からは、唾液や抗菌薬は浸透できません。また歯面に強固に付着しているため、ブラッシングで取り除くことが困難なので、バイオフィルムを除去するのには、PMTCが最も効果的な方法なのです。

フッ素

日本人が虫歯が多いのは・・・

フッ素

フッ素には、歯質の強化、再石灰化を促す、抗菌作用といったいくつかの働きがあり、ムシ歯の予防に効果がある物質です。
WHO(世界保健機構)の、ムシ歯調査によると、日本は他の欧米の先進国と比較して、歯磨きの実施率は高く、また一人あたり1/2程度の砂糖の消費量であるにも関わらず、ムシ歯の数は3倍も多いと報告されています。
その原因としてフッ素利用の普及が遅れていることが挙げられます。フッ素を用いたムシ歯予防方法は確立されており、その安全性や効果は実証済みで、現在も日本をはじめ多くの国々で広く利用され実績をあげています。
健康な歯を守るため、歯磨きや正しい食習慣と合わせて、フッ素の活用をお勧めいたします。

治療後の定期健診 - メインテナンス

歯周病治療後は・・・

歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくたに、治療が終了した後は、3~4ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。
歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団である歯垢は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去できません。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニングによって除去してもらいましょう。

歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったといっても溶けてしまった骨が元通りに戻っているわけではなく、ほとんどが歯と歯肉が弱い結合で治っているのにすぎないのです。ブラッシングが不充分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ歯周ポケットが深くなり容易に「再発」をおこします。

また、残念ながら治療の限界のため、部分的に治りきらないところが残ってしまうこともあるでしょう。そのような部位でもメインテナンスを継続することにより歯周ポケットがさらに深くならないように、「進行を食い止める」ことができるのです。

↑PageTopへ